Home » 脂肪吸引 » 炭酸ガス注入治療でセルライトを分解する

炭酸ガス注入治療でセルライトを分解する

ダイエットに取り組む人はたくさんいます。

けれども、そのうちどれくらい人がダイエットに成功しているでしょうか。

多くの人が途中で挫折したり、一度は成功してもすぐにリバウンドして元に戻ったり、ひどい時には以前より太ってしまったというケースもしばしば耳にします。

ダイエットに励んでも効果が見られないからと、簡単に痩せるために脂肪吸引をする人もいます。

でも脂肪吸引は怖い、痛い、というイメージから敬遠する人も少なくありません。

実際、従来の脂肪吸引の方法では傷みだけでなく腫れやむくみなどを伴うことも多かったのです。

しかし、最近主流となっている炭酸ガス注入方式であればがんこな脂肪やセルライトでも簡単に分解ができるのです。

これまでの脂肪吸引では麻酔が必要ですしメスを使用するので傷跡が残るというデメリットがありましたが、炭酸ガス注入治療は特注の極細の注射針を用いるので麻酔の必要はなく傷跡が残る心配や痛みを我慢しなくてもいいのです。

施術も短時間で終了し、当日に帰宅できます。

また、治療もお腹や太もも、お尻などはもちろん、頬や二重あご、二の腕、背中、ふくらはぎなどほとんどの場所でOKです。

さらに、従来の脂肪吸引では無理だったセルライトの除去も炭酸ガス注入なら可能です。

その上妊娠線や毛穴、肌のキメも整うなどの効果も期待できます。

処置後には多少の違和感が20~30分ほど続きますが、そのあとは通常に戻ります。

これまでの脂肪吸引は敬遠していた人、また実施したけれどもその効果に満足していない人などなど、新たにこの方法を試す人が増えています。

あなたも一度トライしてみてはいかがでしょう。

ただし、従来の脂肪吸引と同等の効果を得るためには約8回ほどの処置を行なう必要があることをご承知ください。